JGAP Basic穀物2016 自社の取組事例紹介 5.農産物取扱い工程におけるリスク管理 5.1~5.6まで

JGAP Basic穀物2016 自社の取組事例紹介 5.農産物取扱い工程におけるリスク管理 5.1~5.6まで

こんにちは白鳥です(^^♪

今回もJGAP取組事例紹介やっていきたいと思います♪   JGAPとは?

 

リスク管理では「食品安全」「労働安全」「環境保全」のリスクをしっかりと分けて書類を作っておくと、わかりやすく管理できると思いました。また、審査の時も対応しやすくなりました。

では早速・・・

 

5.農産物取扱い工程におけるリスク管理

5.1農産物取扱い施設における交差汚染及び異物混入の防止

 

まずは農産物取扱い施設の配置図を作ります。
ライスセンター乾燥調製施設配置図

配置図と現場を確認しながら、農産物、包装資材、収穫及び農産物取扱い関連の機械・設備・輸送車両・容器・備品等に及ぼされる交差汚染や異物混入のリスクを検討していきます。
リスク評価手順マニュアル
ライスセンター乾燥調製施設交差汚染リスク評価

検討したら上記のマニュアルとリスク評価表に記入していき、ルール・対策・手順を決めていっています。

 

5.2農産物取扱い工程の明確化

 

農産物取扱い工程 張込~計量

農産物取扱い工程 積み上げ~出荷
農産物取扱い工程は農産物を収穫した段階からです。つまり自社の場合は、籾の張込作業からということになります。

そのことを踏まえて作業工程を作成します。(収穫工程と分けるということ)

工程に変更があった場合は工程表も変更しています。

 

5.3食品安全危害要因の評価(農産物取扱い工程)

5.4対策・ルール・手順の決定(農産物取扱い工程)

 

まず上記の農産物取扱い工程の中で考えられるリスクを、工程表や作業の振り返りをしながら洗い出していきます。

そして、リスク評価手順マニュアルにそってリスク評価表に記入していき、ルール・対策・手順を決めていっています。

農産物取扱い工程 リスク評価表(食費安全)

 

5.5対策・ルール・手順の実施(農産物取扱い工程)

 

上記のリスク評価表を使用し、対策・ルール・手順をしっかりと社員に教育し周知させています。また、細かい掲示をしたり、リスク評価表を社員がいつでも見れるようにしています。

 

5.6対策・ルール・手順の検証

 

自社ではリスク評価後一年間その作業ごとに対策・ルール・手順の問題等へのモニタリング(社員たちで)をして、有効性や改善点を検討しています。記録は、リスク評価表に一緒に記載できるようにしています。

前回と似たような部分が多かったですが、リスク管理は非常に重要なことなのでしっかりするようにしています。

今日はこの辺で♪

自社HP⇒https://www.greencenter.co.jp/

広告

JGAP Basic穀物2016 自社の取組事例紹介 5.農産物取扱い工程におけるリスク管理 5.1~5.6まで” への2件のフィードバック

    1. ありがとうございます♪

      僕もそんな感じがしたので書いてます♪

      一応管理点は全部やるつもりですのでよかったらお付き合いください♪

      @shirotoritaro
      Twitterもやってますんでよかったらフォローお願いします!

      いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中